自然に学ぼう『木の話』
【樅の木の話】
もみの木ってどんな木ですか?

学名はアビエスと言います(ラテン語で”永遠の命”の意味)モミ属には、もみの木・トドマツなど世界中に約40種が存在します。
広く世界中に分布して、1000年以上も生きてるものが多くあって、高さは60m以上、幹の太さは1m50cm程度まで成長する。
みんなが木の絵を描くとき、最初にイメージに出てくるのが、もみの木なんだ、立ってる木の代表的な姿をした存在で、ずいぶんと大きくなる木なんだよ。



もみの木はどんなところに生えてるんですか?

日本全国にありますが、比較的寒いところが多いいです、暖かいところでも植林すれば育ちます。
自然林は少なくなりましたが、山の中腹以上に生えています。
東京の皇居の森や、全国の公園にもたくさんあります
ヨーロッパ、ヒマラヤ、メキシコ、カナダなど高い所や、寒い地域には今でもたくさんの自然林があります。



もみの木はどんな使い方をされてるんですか?

もみの木から抽出されるモミ製油はロシア、ドイツなどで昔から風邪薬、入浴剤、リュウマチ、洗剤など広く健康のために利用されてる、板はギターやピアノ、ヴァイオリンなどの楽器に使われてるんだよ。
みんなの知ってるクリスマスツリーは、病気退治のため家の中に入れたのが始まりと言われてるんだ。
日本では祝い事、縁起物、食品用としてかまぼこ板、ソーメン箱など食品用保存箱や神社のお札や願い事に使う絵馬などに使われる。
婚礼の結納台や食事用の弁当箱などにも使われてるんだ。
衛生上清潔さが求められる場所に多く使われてるね。



アルファピネンはどんな木にあるのですか?

主に針葉樹が持ってるんだよ。
ばい菌を嫌う食品用の桶や樽に使ってる木で、さわら、ひのき、まつ、もみの木、ヒバなどの木が多く含んでるよ。



ドイツのシュバルツバルト(黒い森)は、もみの木と聞きましたが?
森林保護は?


シュバルツバルトは、もみの木・黒松・スプルースやブナなどの混生林です。
もみの木は成長して森の高さから頭を出すと、強風など災害時に倒れて、森を痛めることがあるので、大きくなりすぎたもみの木を森林保護官が選んで伐採するんだ。
つまり森林保護のための伐採なんだ。
年間伐採量が1年間に9000立方メートルと少ないのはその理由です。
自然の法則、自然更新を守ってるのがシュバルツバルト(黒い森)の姿なのだ。